Hotel de l’Abbaye – 庭園
サンジェルマン パリ

歴史が住まう家、1972年設立

1972年以来、パリの宿泊・観光産業の象徴となってきた「オテル・ド・アベイ・パリ」は、サン=ジェルマン・デ・プレの中心部に位置し、有名なカフェやレストラン、モニュメント、美術館、ラグジュアリーブティックからも近い、理想的なのロケーションにあります。

「オテル・ド・アベイ・パリ」は、閑静なたたずまいと、パリを象徴する地区のコントラストが一番の魅力です。建物には44室の客室があり、フランスの首都パリでもっとも人気の複式アパート4室を含んでいます。客室にはそれぞれ、無料Wi-Fiを完備し、他にはない快適さと、優雅な内装をご提供しています。広々としたコモンスペースは、いくつものラウンジと、素晴らしい庭園からなります。「オテル・ド・アベイ・パリ」では、すべてが静けさと快適さを身上として設計されています。

続きを読む 閉じる

画像

ユニークなフランス様式のノウハウ

パリならではのユニークなフランス様式のノウハウを備え、時代を超えて街の価値を体現する、パリの最高のシチュエーションをご体験いただける旅へとあなたを誘います。

これらの価値は、「オテル・ド・アベイ・パリ」のスタッフのプロとしての矜持、献身、そして共有する情熱に生きています。私たちは、あなただけの記憶に残るご滞在をお約束するために、フランス流の「暮らしのアート」をご提案します。

続きを読む 閉じる

画像

過去の1ページと出会う

「Rue Cassette(カセット通り)」は、近隣地区で最も閑静な通りの1つに数えられます。もとは、パリの小路だったこの通りは、1570年の「カッセル」ホテルからその名前を取りました。このホテルは、非常に気品ある豪奢な建物で、当時この通りに沿って立っていました。1866年に、「Rue de Rennes(レンヌ通り)」と交差する「Rue Cassette(カセット通り)」は、パリ6区の中心にありながら、カントリースタイルの雰囲気が漂い、歴史の薫る閑静な通りです。17世紀と18世紀には、ベネディクト会の大規模な修道院の入口と礼拝堂が、現在のホテルの場所の一部(Rue Cassette 10-16番地)に立っていました。この修道院は、「Rue Cassette(カセット通り)」を越え、「Rue du Cherche-Midi(シェルシェ・ミディ通り)」と「Rue de Vaugirard(ヴォージラール通り)」まで拡張されました。壮大なこの建物は、広大な庭園もありました。ホテルの庭園の持つ静かなたたずまいは、瞑想と園芸を柱としたこのライフスタイルに由来しています。ここでは、樹木、潅木、石と花が溶け合っています。フランス革命のさなかに、この修道院は売却され、修道会は解散されました。今日、ホテルの近隣にある住居は、かつて修道院があった、三角形の広い土地に建てられたものです。

続きを読む 閉じる

When Gisèle and Pierre-Antoine Lafortune discovered the place in 1971, they fell under the charm of the totally unexpected inner courtyard set behind the entrance gate and were enchanted by the garden that had managed to remain intact. However, the building had suffered since its construction and the work required was considerable. In 1973 l’Hôtel de l’Abbaye opened, instantly successful, and became one of the first Parisian “hôtels de charme”. In 1988, the duplex apartments were created, with terraces opening onto the roofs of Paris. Since then, the hotel is continually being renovated and improved. In 1991, after Gisèle and Pierre-Antoine Lafortune met with the architect Michel Boyer, who supervised the renovation of the reception, floors and lounges, as well as the modernisation and redistribution of certain guest rooms. In 1999, a lounge was built on the garden under a glass roof to enjoy the peaceful garden in winter as in summer. Ever since, not one year goes by without one of the guest rooms being redecorated in keeping with the hotel’s style and high level of standards and with the permanent aim to improve the premises and offer the most modern comfort to its clientele. In 2002, three contemporary lounge suites were created on the 4th floor, and two lounge guest rooms on a level with the garden, their discrete French windows opening out onto the greenery. Rethought in 2007, the reception and welcome areas preserve the charm of a Parisian residence. Faithful to the spirit that has guided them since the opening of the hotel, Gisèle and Pierre-Antoine Lafortune are already imagining the site of your next stay in Paris.

画像

朝食

ホテルの朝は至福の空間。グルメなご朝食を、ラウンジで、また天気の良い日はぜひアウトドア・テラスでご堪能ください。

「オテル・ド・アベイ・パリ」は、一日のスタートを切るご朝食として3つのオプションをご用意しています: コンチネンタル、デラックス、テイラーメイド必ずあなたにぴったりのご朝食スタイルが見つかります!

- コンチネンタル・ブレックファスト: €18/1名様

黄金色に輝くペイストリーと焼きたてパン、バター、ジャム、ハチミツ、温かいお飲み物、搾りたてのオレンジジュースとヨーグルトをご用意しています。

- ラベイ・ブレックファスト: €23/1名様

続きを読む 閉じる

Hotel de l’Abbaye – 庭園

中庭

レセプションから、 美しく花が咲き誇る小さな庭園にお入りください。都の中心部にある、この独特なリラックスできる空間は、お客様をパリの喧騒から離れ、日差しの中での夢見にお誘いし、噴水の流れによって癒します。

続きを読む 閉じる

Hotel de l’Abbaye – ラウンジ バー

ラウンジ/バー

和やかな雰囲気を誇る l'Abbaye では、快適なプライベートラウンジでリラックスした時間をお過ごしいただけます。アンティーク家具や貴重で色鮮やかな織物の微妙な組み合わせが、街の興奮から離れた現代的なアルコーブにそっと散りばめられています。

続きを読む 閉じる

Hotel de l’Abbaye – 内装の詳細

サービス

ダイニングルームまたはお部屋での朝食、ショーのご予約、レストラン、タクシー、ランドリーサービス、ファックス/コピー。

続きを読む 閉じる